読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pekoriperoriのブログ

主に読書、美味い店、旅行の記録と日々考えていることのメモ。知り合いには教えない予定。

上海旅行 - 3日目

旅行の話
この日は朝起きてすぐに上海駅のすぐそばにある長距離バス乗り場へ。

f:id:pekoriperori:20151006215255j:image
↑の右手の建物。

早速目的地の西塘までのチケットを買いに行くが、どうにもこうにも言葉が通じなくて困り果ていたところ、

f:id:pekoriperori:20151007223011j:image
(こんなカウンター。地下で暗くて怖い)

後ろに並んでいた中国人からヤジが飛び出し、とうとう保安官?みたいな人に連れ出される。
やばい、、どこかに連行される?と思っていたら、別のフロアにあった観光客用のカウンターに連れて行ってくれた。
謝謝。

そのカウンターには英語を話せる人がいて一安心(@_@)

f:id:pekoriperori:20151007222908j:image

チケットも無事購入。

f:id:pekoriperori:20151007223628j:image

バスの時間がちょっと先だったのでごはん。
無難にマックがいいと言われ、マック。

f:id:pekoriperori:20151007223203j:image
f:id:pekoriperori:20151007223224j:image

全く美味しくはないけど、日本でもこんなだったような気が。笑
そして世界中どこでもほぼ変わらない価格帯なのでは、という感じで、こちらの物価から考えると高い。

そしてまたターミナルに戻り、バスを待つ。

f:id:pekoriperori:20151007223551j:image

ここ、何故かハエがブンブン飛んでてとても気持ちが悪い。
最終的に自分らが乗るバスが分からず、出発する直前に、あれかも?、と気づき捕まえた。
席は連番で隣のはずだったが、みんな好きなとこに座っていて、連続で空いている席がなく、致し方なくバラバラの席。

とにかく中国人ばかりで、日本人含む外人はおそらく一人もいなかったと思う。

わたしの隣は中国人のおっさんで、スーパー大きい声でずーーーっと電話をしている。日本だったらめちゃくちゃイライラしてただろうけど、何言ってるかわからないからか、全く何とも思わない。
しまいには中国語で話しかけてきたが、i cant speak chinese
と言うと、にっこり笑って黙った。笑

そして1時間半ほど乗って、無事西塘へ。

西塘は浙江省の古鎮で、水郷の周りに観光地が広がっている。
帰れなくなったら困るため、まず帰りのバスのチケットを買おうとするも、またまた言葉が通じそうにない。
彼がGoogle翻訳
上海までのチケットが欲しい
と翻訳したものをipadに表示させ、無事購入。

そしてターミナルを出るも、どこに古鎮があるのか全然わからない。
こんな感じ↓

f:id:pekoriperori:20151007224334j:image

f:id:pekoriperori:20151007224840j:image

f:id:pekoriperori:20151007224659j:image

何となく歩いていたら何となく入り口に到着。

f:id:pekoriperori:20151007224722j:image

つづく。