pekoriperoriのブログ

主に読書、美味い店、旅行の記録と日々考えていることのメモ。知り合いには教えない予定。

これからどこで働くか、どう働くか、何をするかの話。

いろいろ彼と話し、年末までのどこかのタイミングで籍を入れることになった。 今は、日本で同じ家に住んでいるテイではあるが、彼の仕事の拠点がマニラのため、ひと月に一度、彼が3、4日帰国するタイミングと、わたしがこれも月一でマニラにいく3、4日の時間…

歳を取ったなと思うこと(35歳の記録

pekoriperori.hateblo.jp こんな記事を1年半前に書いていた。読み返してみると自分としては非常におもしろく、歳を取ったことが原因と思われる変化をつらつらと書いたが、一過性のものであったものもあれば、衰え続けているポイント、進化が止まったポイント…

神・時間術 - 樺沢紫苑

また読書のアウトプットを全然していなかった。(なんと10ヶ月も... 今回は小手先の時間術が知りたいというよりも、「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す」というキャッチコピーに魅かれ購入。

新しい生活の話。

6月はとても忙しかった。 所用でふたりで台湾に行き、帰ってきてすぐに新居探し⇒引っ越し、彼の転職、そして彼は海外へ。 今は1ヶ月前と全く違う生活をしている。 まだ諸々落ち着かない。

結婚について思うこと

これは前も書いた気がするんだけど、最近結婚というものが間近に迫ってきて、またいろいろと考えが変わっていると思うので、一応また書き留めておく。

自分でないとダメだと言われることと、上司との別れ。

転職して1ヵ月が経った。 先月までは約3年ほど、割とスピードの早い大企業で役員秘書の仕事をしていた。 たった3年と思う方もいるかもしれないが、自分としては久しぶりに「やり切った」感がある。

英語のトレーニングを再開。

そんなこんなで、この後英語でスムーズなコミュニケーションが取れないとかなりストレスが溜まりそうなので、ひさしぶりに勉強を再開することにした。

本物のバイリンガルとの話。

今の彼は両親共に日本人だけれども、アメリカで生まれてアメリカで二十歳まで育っている。今も実家は向こうにあり、家族の中で本人だけが日本に来ている。

その後ものすごく幸せなことがあった。

前回の続き。

3年付き合った彼と別れた。

Blogを書かなくなってまた74日。 書かなくなったというよりも、正確にはこの半分の期間、書けなかったという表現の方が相応しい。 このたった74日の間にプライベートも仕事も揉めに揉め、どっちも状況が変わり、生活が一変した。74日前と同じものは身の回り…

次の旅。

いつもどうでもいい詳細を書きすぎて、旅行記が途中になる傾向にある。 上海も西安もすべて書きかけで終わっている。 次回からは書き方変えます。ということで次の旅、周囲の反対やいろいろな迷いを跳ね除け、行き先はイスラエル&パレスチナでほぼ固まった…

めでたいごはん。

明けましておめでとうございます。年末働きすぎで本当は休みたかったが休めず、年末年始は暦通りの5連休。 相変わらず実家にも帰らずどこにも行かず、東京で走ったり本読んだりひとりで考え事したり、いつもの週末と変わらない安定した時間を過ごした。 彼も…

走ること。

昔付き合っていた人の趣味がランニングで、それに付き合いたくしばらくちょっとだけ走っていたことがある。 10キロくらいの短距離のレースに出たりもしたが、その当時は疲れるだけで走る楽しさが全く分からず、習慣にすることができなかった。

自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義 - ブライアン・R・リトル

仕事で異様にストレスが溜まっていて、その原因や解決法を探るべく、何かヒントになる本が読みたかった。 その時何に自分が悩んでいるのか、読む本に顕著に現れるのが面白い。最近は自分の内面を知る本や、休息の方法についての本を読むことが多い=疲れてい…

残業で評価されることに嫌気がさす

ここ数ヶ月、何かにもやもやしていてストレスを感じていたのだが、ようやく原因が分かった。答えは「残業」だ。今の会社に入って2年半。特に去年は猛烈に忙しくて、三十路を有に越えている身体に、毎晩22時、23時はちょっときつかった。でもそれでも正直、こ…

祝・初一人旅@西安 その3 - ホテルの話

そしてバス降りてホテルまで歩く。 今回はMercure On Renmin Square Xian Hotel。

祝・初一人旅@西安 その2 - 海南航空と西安までの道のり

そして初めて乗った海南航空。 正直、日本中国間くらいの距離なら良いが、長距離路線には乗れない。

祝・初一人旅@西安 その1 - 出発までの経緯

仕事柄、基本的にはボスが休みもしくは不在の時でないと有給を取ることができなのいのだが、とうとう今年もやってきたボスの長期休暇。 (大体毎年一度、彼は丸一週間休む。)

最強の働き方 - ムーギー・キム

ひさびさの読書メモ。 自らの仕事に取り組む姿勢について考える機会があり、なんとなく心の拠り所になるような本を読みたく、手に取った一冊。 結局読み終わったあとは、今の仕事に対してだけでなく、自分のキャリアを長期的な視点で考えるという観点でもヒ…

だから仏教は面白い! - 魚川祐司

だから面白い! ああ本当に面白かった。 著者は「いわゆる」仏教徒ではないそうだが、日本の大学院で仏教を研究し、そしてミャンマーでテーラワーダの教理と実践を学ばれているとのこと。 「ブッダの教えを説く、広める」長老とはまた違うスタンスで、テーラ…

Guruatsuのお豆腐マフィンがおいしい

ひさびさ食べ物の話。昨日はパスポートの受け取りで有楽町の交通会館へ。 ここの下は毎週末?マルシェをやっているんだけど、いろいろ美味しそうで寄り道。 昨日はフルーツトマトとゴマドレッシングとこのGuruatsuさんのお豆腐マフィンを購入。

入門 組織開発 - 中村 和彦

組織開発が私の異動先での新しいミッションのひとつになっているが、全くと言っていいほど知識が無い為、基礎から勉強。

アクションリーディング - 赤羽 雄二

おもしろかった。 本屋で何度か見かけていたが、本の読み方の本はもうお腹いっぱいだなあと感じていたのでしばらく見向きもしなかった。 が、手に取ってパラパラめくってみたら新たな発見と、このところ自分の中にあった問いに対する解が書かれていたので購…

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉- - 見城 徹

確か1ヶ月位前に読み終わったんだけど、覚えているのは、とにかく見城さんの仕事への猛烈な愛情と圧倒的なパワーが溢れている一冊だったということ。

外資系投資銀行の資料作成ルール66 - 熊野 整

今やどの本屋さんでも平積みになっているこちらの本。 資料作成のスキルの見直しで読むことに。

ブッダの幸福論 - アルボムッレ・スマナサーラ

ここ数ヶ月で読んだ本の記録を全く取っておらず、まずはこれから。 スマナサーラ長老の本の中でも、特に学び多く響いた一冊だった。 特に仕事に関する記述、生きる意味に関する記述は、人生観を変えるレベル。

図で考えるとすべてまとまる - 村井瑞枝

6月に部署異動して、若干ミッションが増えた。 この2年間、秘書業務に専念していたので、残念なことにすっかりいろんなスキルが抜け落ちていてまたイチから詰め込んでいる。

健康管理でやっていること。

去年の後半、忙しくて毎日会社を出るのが22時、23時ということが半年くらい続いた。 特別な体調の悪さを感じた訳ではないが、とにかく疲れが取れない。

興味のない分野

少し前から転職を考えていて、実際転職活動もしていた。

糖質制限の日々。

去年の夏に右手首を骨折した後、満足にご飯を食べることが出来ず酒量も減り、体重が2キロくらい落ちた。痩せすぎな訳もなくその体重がちょうど良かったのだが、正月を挟んで少し太ってきたのと、どことなく体調不良を感じていたということもあり食生活を見直…

死について

とにかく、近しい人が亡くなった経験が乏しいのだが、それでも歳を重ねるに従って、死に直面する回数が増えてきたことは否めない。 昨日、同じ歳の知り合いが亡くなった。 友達、と呼ぶにはまだ早い感じだったけども、きっと会う回数を重ねた先には良い友人…

ひさびさのTOEIC受験。

思うところあり、ひさびさTOEICを受験してきた。 今回は900目標で、基本的には通勤時間を使って、余力があるときは土日も本を開いて勉強すること1、2ヶ月。

教養は「事典」で磨け - 成毛 眞

そもそも事典とは何かを調べる時に使うものと思われているけれども、そういった使い方以外に端から読んでいくのも結構おもしろいと思っている。 たまにやるのが、易しめの英英辞典をAから順に読んでいき、知らない単語の穴を埋めていくという読み方。もちろ…

2015年を振り返る。

1年前と同じく、2015年を振り返る。

自分を変える読書術 - 堀 紘一

先日の出口治明さんの読書本に引き続きまたもや読書術。最近本を読むことの重要性について考えさせられることが多く、読書のモチベーションを上げる目的もあって、パラパラ立ち読みして興味を持てたので購入。面白かったのは出口さんの本と同じで、 人の失敗…

歳を取ったなと思うこと

今年33歳、来年34になる。 30になったなーと思ったのも束の間、もう立派な30代半ばだ。 最近になって、いろいろな点で自分が変わってきていることを感じる。 その中でも、歳をとった(重ねたと言いたい)ことが原因と思われる点をメモ。▼衰え ・どんなに遅くて…

ゴータマは、いかにしてブッダとなったのか - 佐々木閑

いやーこれはおもしろかった。NHK文化センターで著者が行った講座を書き起こした本だが、非常にやさしい語り口で読みやすい。仏教の入門書は何冊も読んだけど新しい発見もあってとてもよかった。以下この本で新たに知って興味深かった話のメモ ・インドで仏…

孫子 - 金谷 治

兵法ブームに乗り遅れること数年、、、ようやく孫子を読んだ。紀元前500年くらいの時代に生きていた孫武が著者と言われているが、今から2500年も前にこんなにも体系だった戦略法があったとは驚き。 内容自体はとても分かりやすく、腑に落ちる戦法、考え方ば…

観てきた!! スター・ウォーズ/フォースの覚醒

待ちに待ったこの日、休みを取って初回上映観てきた〜!! 最高だった。このあと3D、4DXともう2回観る予定。そしてさっきBB-8のフィギュア注文した(((o(*゚▽゚*)o)))めちゃくちゃかわいかった〜!!

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 - 出口治明

ひさびさ仏教以外の本を読んだ。 本屋をぶらぶらしていて手にとって、数ページ読んですぐに購入を決めた。なぜ本を読むべきなのか、本の読み方、選び方、など「本の使い方」についてとても分かりやすく説明されていて、それこそ本嫌いが読書する取っ掛かりと…

ひさびさ食べたうーんまい豆花@東京豆花工房

なんと地元に豆花専門店が出来たというかなりのビッグニュースを聞き、早速週末行ってきた。淡路町から徒歩数分の東京豆花工房さん。Toukyoutoufakoubou - Kanda, Ochanomizu/Café / coffee shop (and others) [Tabelog](なんかリンクがキレイに挿入できない…

上海旅行 - 3日目さらに続き

そして西塘からまたバスに揺られて無事上海へ。 ぐっすり寝た。着いてすぐ南京東路の蟹王府へ。せっかく上海まで来たんだから、美味しい上海蟹が食べたい!!ということでどのガイドブックにも載っていてハズレなさそうなこちら。予約せずの突撃だったものの…

Power up Your Life - アルボムッレ・スマナサーラ

最近ずっと仏教の本、というかスマナサーラ長老の本ばかり読んでいる。つい先ほどまで読んでいたのはPower up Your Life。この本で長老の本は大体10冊目くらい。サンガ新書は易しく、読みやすく書かれていて、シチュエーション選ばずすっと頭に入ってくる。…

ひとりの休日の過ごし方。

休日に最近人と約束するのが嫌で、彼と一緒の日以外はひとりで過ごすようにしている。何をするのもどこへ行くのも自由という感覚がたまらない。今の仕事はかなり大勢の人と関わる仕事で、そして秘書という仕事の特性上、ダイレクトに人の為に働く日々で、休…

上海旅行 - 3日目続き

で、やっと到着した西塘。一言でいうと、こんな感じ↑の水郷沿いの集落。街全体が観光地になっていて、中国人の観光客がいっぱい。日本語はまったく聞こえてこなかった。泊まるところもあるよ↓水郷沿いの道をひたすら奥に歩いていく。霊幻道士好きのわたしと…

上海旅行 - 3日目

この日は朝起きてすぐに上海駅のすぐそばにある長距離バス乗り場へ。↑の右手の建物。早速目的地の西塘までのチケットを買いに行くが、どうにもこうにも言葉が通じなくて困り果ていたところ、(こんなカウンター。地下で暗くて怖い)後ろに並んでいた中国人から…

上海旅行 - 雑記

上海の街は全般的に活気があって華やかではあるけれども、富裕層・観光客を対象にしているような場所と、庶民の憩いの場のような場所では雰囲気が全然違う。道路一本挟んで全く違う様相を呈しているところもあって、今の上海の平均的な暮らしとは一体どんな…

上海旅行 - 2日目続きの続き

夕飯は行く宛もなくブラブラ。したのがよかったらしい。その辺にあるレストランの評判を片っ端から調べながら歩く。そして入ったのが南京西路の駅から徒歩すぐにあるビルの中の点点心。これがまた大当たりだった。東京にも是非支店を出していただきたい。と…

上海旅行 - 2日目続き

フランス租界はなんだかあまりよく分からないまま通り過ぎ(確かに洋風のカフェは多かった)、最終日に見ようと思っていた上海雑技団の席を予約しに宛平劇場へ。地下鉄で行ったのはいいが、結局現金しか使えないとのことで、手持ちが足りず買えなかった。席は…

フレンチ食堂ぶどう@秋葉原

上海の話は一旦置いておいて、土曜の夜に行った美味しいビストロの話。秋葉原の駅から徒歩すぐのフレンチ食堂ぶどう - 秋葉原/ビストロ [食べログ]土曜日の夜彼と待ち合わせて。ここは以前酔い潰れた友達を迎えに行って以来でそのときも何も食べられなかった…